en6_head.jpg

タグ「伏見稲荷大社」の一覧

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)Fushimi-inari-taisha Shrine

伏見稲荷大社の7月の行事といえば、宵宮祭(よいみやさい)と本宮祭(もとみやさい)の2日間。
参道や境内のたくさんの赤い提灯や石灯篭に火が灯されて幻想的な雰囲気の中、大勢の参拝者が訪れます。
伏見稲荷大社 本宮祭

大きな提灯の下を抜けるとそこはさらに朱の世界。
外拝殿には奉納された行灯画がぐるりと並べられています。
和風の絵ばかりでなく、洋風のモチーフのものもたくさんあるのですが、調和しているように思います。
伏見稲荷大社 本宮祭

釣り灯籠のデザインがいろいろあることにも初めて気付きました。
伏見稲荷大社 本宮祭

吸い込まれそうな千本鳥居ときつねのお面。妖しい魅力を放つ夜のお稲荷さんです。
伏見稲荷大社 本宮祭

風にくるくると舞う短冊。
伏見稲荷大社 本宮祭

伏見稲荷大社は、『行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット 2014(トリップアドバイザー)』の第1位に選ばれており、ますます外国人率が上がっているようです。
実際、本当に外国人が多く、みなさん楽しそうにしておられます。
昼間の伏見稲荷はこちら

伏見稲荷大社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 伏見稲荷大社の近くにホテルはあまりありませんので、宿泊するならJRでアクセスしやすい京都駅周辺のホテルがよいでしょう。
新・都ホテルホテルグランヴィア京都がおすすめです。
所在地京都市伏見区深草藪之内町68
料金境内自由
アクセス京阪「伏見稲荷駅」JR線 「稲荷駅」から徒歩約5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり。前の道路は北向きに一方通行なので、駅の方から踏切を渡ってくると辿り着けません。


このページをシェアする
6月30日は夏越の祓いです。
商売繁昌のパワースポット伏見稲荷大社にも茅の輪は設置されます。
伏見稲荷大社の茅の輪

夏越の祓いの神事は6月30日15時からで、一般の参拝客が茅の輪をくぐるのはその後になります。

いつものように境内は海外からの観光客でいっぱい。
参道をまっすぐ入ってきて茅の輪を目にした人々は「いったいなんだこりゃ???」というかんじで頭の上にハテナマークを浮かべて立ち止まっていました。
伏見稲荷大社の茅の輪

振り向くと神職が現れました。車のお祓いの帰りでしょうか。
伏見稲荷大社の茅の輪

お昼になって気温がどんどん上がってきました。
伏見稲荷大社の茅の輪


このページをシェアする

神宝神社(かんだからじんじゃ)

神宝神社は伏見稲荷大社の奥社を過ぎて、参道をすこし外れたところに鎮座する神社です。
神宝神社

社殿両脇には天龍と地龍ふたつの狛龍が置かれています。
2012年は辰年ということで、参拝者がぐんと増えているようです。
神宝神社

色とりどりの「叶雛(かなえびな)」が掛けられています。
神宝神社

災難除け・身代り・縁結び・立身出世などを叶える形代のお雛様として伝承されてきたそうです。
神宝神社

お守りもたくさん。
神宝神社

神宝神社 交通アクセス

所在地 京都市伏見区深草笹山町15
料金境内自由
時間自由
アクセスJR奈良線 「稲荷駅」徒歩15分
京阪本線「伏見稲荷駅」徒歩15分


このページをシェアする

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

伏見稲荷大社に初詣に行きました。
伏見稲荷大社

すごい人出の正月三が日は避けて、2012年はのんびりと1月後半になってからのお出かけです。
伏見稲荷大社
本殿に参拝し、奥社に参拝し、お山をテクテクと登ります。

四つ辻の「にしむら亭」さんからはお食事をしながらこの景色が眺められます。
伏見稲荷大社

おぜんざいもおいしいです。
伏見稲荷大社

滞在時間は食事も入れて2時間ちょっと。
夕方になりました。
伏見稲荷大社

暗くなると、お稲荷さんの迫力が増してくるようです。
パワースポットの本当の凄みとでも言いましょうか。。。
伏見稲荷大社

西日が差して一層赤がひきたちます。
伏見稲荷大社

日が暮れかけても参詣者はやってきます。
夜でも千本鳥居をくぐり抜け奥社までは行けるはずです。
(わたしは怖いから行きませんが)
伏見稲荷大社

「福かさね」を買いました。いい年になりますように。
伏見稲荷大社

伏見稲荷大社


伏見稲荷大社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 伏見稲荷大社参集殿に宿泊することができます。
夜間や早朝に伏見稲荷を散策するのはまた違った味わいがあります。
予約は電話で。伏見稲荷大社参集殿に宿泊
所在地京都市伏見区深草藪之内町68
料金境内自由
時間常時開放
アクセス京阪「伏見稲荷駅」JR線 「稲荷駅」から徒歩約5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする
伏見稲荷大社には山の裏側の山科から登る道がいくつかあります。
今回は大石神社から伏見稲荷大社までを歩いてみました。
大石神社

まずは大石内蔵助さんゆかりの大石神社にお参り。
大石神社
大石神社

いったん境内を出て福王寺のある1本北側の坂道を登ります。
大石神社の近くの道
(こんなに怪我をするほどではないと思う)
大石神社の近くの道

突き当たりから山道が始まります。

クネクネ曲がらずまっすぐに登っていくので、勾配はすこしきつめ。

討ち入り前、この地に隠棲していた大石内蔵助さんが伏見の遊郭に通うためにこの道を通ったという説もあります。

山科の街の眺望が広がるポイントも。

稲荷山の上の方へ来るとポツポツとそれらしき祠やお社が出現。

急に赤い鳥居が増えます。

伏見からはるばる登ってきた参詣者のみなさんが、疲れきってひーひー言いながら歩いているところへひょいっと合流します。

横入りでズルをしたような気分です。
(こちらもそれなりにしんどい道ですが。)

そこからほんの少しで一の峰。なんだかお得。
そのまま伏見へ降りて行きながら、伏見稲荷を堪能するのもよいでしょう。

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg