京都市下京区烏丸通五条下ルの京都やまちやさんではいま、なた豆のお茶が大ヒットしています。

30代を過ぎると口内環境が悪くなることが多く、口がねばついたり、口臭が発生したりするものですが、やまちやさんのなた豆のお茶を飲んでいるとそんな心配がなくなります。


なた豆にはカナバニンという成分が含まれていてどうやらこれが口の中の環境にとても良いらしいのです。しかも鼻の奥やのど、歯茎にも良いそうです。
いやな歯槽膿漏にも。


ひとに迷惑をかけるうえ、指摘しにくく、指摘してもらいにくい口臭を毎日のお茶で改善できるならうれしいですね。
なた豆だけではなく、ビタミン・ミネラル・食物繊維がいっぱいの玄米、目にもよいアントシアニンたっぷりの黒豆、健康茶の代表ハブ茶、良質のたんぱく質とミネラルを含む桑の葉がブレンドされていて、こっくりしてなかなか上質な味わいのお茶です。

京都のお茶でほっと一息。
ついでに口臭対策。


はい。京都やまちやさんのお茶をどうぞ。
◆2年で32万袋突破の京都のお茶◆なたまめの力で口臭スッキリ!〜なたまめ茶〜

京都やまちやさんより】なたまめは、中国では明の時代の書物でもその素晴らしさが記され、滋養豊かとして珍重されてきたお豆さん。日本には約400年前、江戸時代の初期に伝わり、健康食として用いられてきました。旅立ちの縁起物や家内安全の祝い物としても愛用されてきたという、大変縁起のよい豆を、香ばしく飲みやすいお茶に仕上げました。



このページをシェアする