広河原松上げ(ひろがわらまつあげ)

8月24日の広河原松上げ。お盆のおしょらいさんを送るとともに、火伏せと五穀豊穣を祈願する愛宕山信仰の火祭りです。
広河原松上げ

河原には1000本もの松明が立てられています。
20メートルもある柱(灯籠木)の上の大笠へ火のついた松明を投げ上げていきます。
5〜6階建てのビルの上に投げ上げるに等しいので、そうたやすく松明が入るわけではありません。
上がっては落ちてくる火の描く放物線の束がなんともいえず美しい情景となります。
火に照らされて山の稜線もうっすらと闇に浮かびます。
広河原松上げ

やがていくつかの松明が入り、激しく燃え上がった灯籠木はそのまま倒されます。
が、今夜はいったん斜めで止まってしまい、会場には緊張感が走りました。
斜めのまま火を吐き続けます。
「なんかいつもと違うな。」「今年は新しい演出やな。」とのんきな見物客のつぶやきも。
広河原松上げ

最後には引き倒されて、大きな拍手が沸きました。
広河原松上げ
古来、松上げは男女の出会いの場という側面もあったそうで、授与されるお守りは縁結びのご利益があるとのこと。
松上げのあと、観音堂では遅くまで盆踊りが行われます。

広河原松上げ 交通アクセス

所在地京都市左京区広河原下之町
料金自由
時間8月24日20:30頃
アクセス京都バス「下の町」
駐車場無料駐車場あり(ただし、午後8時の時点では満車になっていました。警察の誘導に従ってください。)


このページをシェアする