en6_head.jpg

5月の京都 一覧

青蓮院(しょうれんいん)

青もみじが美しい5月はじめの青蓮院さんの庭園。
青蓮院の霧島ツツジ

相阿弥の庭に真っ赤な霧島ツツジ。
青蓮院の霧島ツツジ

霧島の庭の大きなカエデも若々しい緑。
青蓮院の霧島ツツジ

こちらでも霧島ツツジが色を添えています。
青蓮院の霧島ツツジ

気持ちよかったので、出口を出てからまたひと回りしました。
青蓮院の霧島ツツジ
青蓮院門跡の雪景色はこちら

このページをシェアする

葵祭(あおいまつり)

新緑が鮮やかな加茂街道をゆく葵祭の行列を見ました。
葵祭

雨天順延となったので、雨のあとの樹々はみずみずしくて、行列の衣装も映えます。
葵祭

葵祭

行列は500名以上。牛車が2、牛が4頭、馬は36頭。
牛車の藤の花が綺麗です。
葵祭
行列は午前中に京都御所を出発し、丸太町通・河原町通を経て下鴨神社、さらに北大路通・加茂街道を経て上賀茂神社に到着するという長い距離(8km)を移動します。
なかなかハードな行程です。
お子さんたちもたいへん。
葵祭

葵祭のヒロイン「斎王代」の十二単などは重さ30キロもあるそうで、腰輿に乗っているだけでもたいへんです。
葵祭

斎王代に選ばれると筋トレを始める方もいるのだとか。

ですが、見ているほうはただただ優雅で美しい平安絵巻に見えます。
葵祭

葵祭

葵祭
巡行コースや時間、行列の詳細等は京都観光協会のサイトでご覧ください。有料観覧席の案内もあります。

葵祭 宿泊案内

【宿泊案内】 加茂街道や上賀茂神社で葵祭を見物するなら、宿泊は「四季倶楽部 京都加茂川荘」がおすすめ。
京都御苑で行列を見るなら、御苑西側のホテルを利用するが便利です。(「御所西 京都平安ホテル」「京都ガーデンパレス」「京都ブライトンホテル」など)
チェック 四季倶楽部 京都加茂川荘御所西 京都平安ホテル京都ガーデンパレス
京都ブライトンホテル
チェック 京都ブライトンホテル

このページをシェアする

蹴上浄水場(けあげじょうすいじょう)

毎年、ゴールデンウィークに蹴上浄水場の一般公開が行われています。
広大な敷地を持つ蹴上浄水場には4,600本ものツツジが植えられていて、いっせいに花が咲くと見事な景色になります。
蹴上浄水場

浄水場は明治45年に造られ、2012年はちょうど水道創設100周年ということで、いつもより公開期間が長くなっていました。
(5月5日〜5月11日)
蹴上浄水場

蹴上浄水場

蹴上浄水場


一番大きなツツジの株はトンネルになっていて、くぐることができます。
蹴上浄水場

遠くに南禅寺の三門や金戒光明寺の三重塔なども見えます。
蹴上浄水場

三条通から見えるこの景色も以前京津線が地上を走っていたころは、多くの人が毎日電車から眺めたものですが、 いまは車の人だけが見る景色になってしまいました。
蹴上浄水場


近くの寺社 :南禅寺・御百稲荷神社・粟田神社

蹴上浄水場 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 お泊まりは「ウェスティン都ホテル京都」が最適です。蹴上浄水場のすぐ隣です。京都を代表するハイクラスホテルですが、インターネット予約なら、比較的安いプランもたくさん用意されています。
チェック ウェスティン都ホテル京都
ウェスティン都ホテル京都
所在地京都市東山区粟田口華頂町3
料金無料
時間午前9時~午後4時
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車すぐ
駐車場なし(隣のウェスティン都ホテル京都のパーキングに入れると便利。1時間300円)


蹴上浄水場のサツキ

公開はありませんが、サツキの頃もきれいです。
蹴上浄水場


このページをシェアする

山国神社(やまぐにじんじゃ)

京北の山国神社はだだっ広いところに鎮座しています。
477号線からまっすぐな参道が続いていて、 社殿の向こうには桂川が流れています。
山国神社

山国神社は平安遷都以前に創建された古社で、大己貴命(大国主命)を祀っています。
山国神社

社殿を囲むように背の高い杉が何本も立っています。
山国神社

神社の前にはただただ緑の景色が広がります。
山国神社

毎年時代祭の先頭を行く「山国隊」は、この地ゆかりの維新勤皇部隊です。
時代祭


山国神社 交通アクセス

所在地京都市右京区京北鳥居町宮ノ元1
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJRバス「周山」下車、ふるさとバスに乗換えて「鳥居」下車、徒歩約3分
駐車場なし(スペースはあります)
背が高くなる

このページをシェアする
5月下旬の井出地蔵禅院へ。 井出地蔵院
樹齢280年の有名な枝垂桜は葉桜になっても存在感があります。
その向こうに広がるのは、ひたすらのどかな井手町の集落の景色。
井出地蔵院

心落ち着くいいところです。
井出地蔵院
地蔵禅院の枝垂桜はこちら

地蔵禅院

所在地 京都府綴喜郡井手町大字井手小字東垣内16
料金境内自由
時間午前9時〜午後5時
アクセスJR奈良線玉水駅下車徒歩30分
駐車場無料駐車スペースあり


このページをシェアする

興聖寺(こうしょうじ)Kosho-ji Temple

興聖寺

新緑の宇治興聖寺さんへ。
観流橋を過ぎると参道入り口の総門です。
興聖寺

青もみじに包まれる参道「琴坂」。
脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に例えられています。
興聖寺

楼門をくぐると前庭のつつじやさつきが綺麗です。
興聖寺

興聖寺

清々しい石組みの庭園。
興聖寺
興聖寺の情報はこちら。


秋の琴坂と興聖寺はこちら
興聖寺


このページをシェアする
西国霊場の第29番札所の松尾寺(まつのおでら)は福井県との県境の青葉山中腹にあります。

こんなに山の中です!
松尾寺

風格のある長い石段を登ります。
松尾寺

本堂の屋根は宝形造りという珍しいかたち。
ご本尊は馬頭観音で77年に一度だけ開帳される秘仏です。
2008年から2009年にかけてご開帳されたそうなので、この先もうお目にかかるチャンスはないでしょう。
松尾寺

一面にシャガが咲いていました。
松尾寺

青葉山松尾寺

所在地 京都府舞鶴市松尾532
料金境内自由、宝物殿拝観800円(要問合せ)
時間8:00~17:00
アクセス松尾寺口バス停より徒歩約40分
JR松尾寺駅より徒歩で約50分(ホントに遠いです)
駐車場1回400円


このページをシェアする
岩倉など京都市の北の方へ来ると景色の中の比叡山の存在感がぐっと増します。
高い建物がないこと、朝には比叡山から陽が昇ってくること、真西から見る比叡山の形が良いことなどがその理由でしょうか。

比叡山を借景に取り入れているお庭は多いですが、最も有名な借景庭園は圓通寺の枯山水庭園でしょう。
圓通寺

シンプルで雄大なその景色。
生垣はツツジ、サザンカなどの混ぜ垣だそうです。
圓通寺

圓通寺と比叡山の間は岩倉の市街地なので、宅地開発が進み、家が建つと生け垣の上にニョキッと見えてしまいます。
実際お庭を見ていると、終始ショベルカーの働く音が聞こえ、オレンジのボディーがチラチラと見えていました。
圓通寺側の長年の働きかけで、ある程度の規制には成功したそうで、高層ビルが建つことはないようですが。
圓通寺

8人ほどがお庭を眺めていましたが、みなさん景色になったかのように黙って長いあいだじっとしています。

遠い重機の音以外は風と鳥と虫の音だけ。
圓通寺
美しいところです。

圓通寺の紅葉はこちら

近くの寺社 :妙満寺

大悲山圓通寺 宿泊案内と交通アクセス

圓通寺を訪れるなら、グランドプリンスホテル京都宿泊がおすすめ。
歩くとすこしかかりますが、クルマを使えばすぐ。
洛中の喧騒を抜けて、森の中のとっておきの癒しの空間でゆったり。
ホテルへは京都駅から地下鉄で20分。
所在地 京都市左京区岩倉幡枝町389
料金大人500円
時間10:00〜16:30(12月から3月は〜16:00)
アクセス市バス「深泥ヶ池」下車、徒歩15分
京都バス「圓通寺道」下車、徒歩10分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする
関西花の寺3番札所金剛院さん。5月は緑に包まれています。
金剛院は平安時代初期の創建で、その後白河天皇の勅願寺となり皇室の庇護を受け、たいへん栄えたお寺です。
「丹後のもみじ寺」といわれ、晩秋の錦繍は圧巻ですが、 いまはほぼすべてが緑色。
金剛院

三重の塔も新緑に埋もれそう。
金剛院

急な石段を登れば本堂へ。
金剛院

金剛院

斜面にせり出す雲山閣。
金剛院

土台の柱の向こうも緑一色です。
金剛院

緑の中でオオデマリやシャガが咲いていました。
金剛院

金剛院

本堂の木鼻がもみじの海を見おろしています。
金剛院


近くの寺社 :松尾寺

金剛院 交通アクセスなど

所在地 京都府舞鶴市字鹿原595
料金入山料200円、宝物殿拝観500円(要予約)
時間9:00〜16:00
アクセスJR小浜線「松尾寺駅」から徒歩20分
駐車場無料駐車場あり


秋の金剛院。(くわしくはこちら
金剛院の紅葉


このページをシェアする

勧修寺(かじゅうじ)Kaju-ji Temple

5月半ば。勧修寺の氷室池はかきつばたと睡蓮でいっぱいです。 勧修寺

境内は新緑で彩られ、
勧修寺
黄門様の雪見灯篭まわりの樹齢750年の偃柏槙(這柏槙)も青々と広がっています。
勧修寺

そして、氷室池は極楽浄土状態!
勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

池は生き物の楽園にもなっていて、
鯉や亀がすいすいと泳ぎ、
勧修寺

真ん中の島ではサギが「ベロベロベロ〜ン」と大声で啼いており、
勧修寺

大きなウシガエルが「ごが〜っ」とうなり、
とてもうるさい極楽浄土です・・・。
勧修寺
カワセミは見かけませんでした。
勧修寺の情報はこちら。

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg